上場のオイシックス、ニーズあるビジネスで投資向き

上場してからまだ年数が少ない企業の中にも優秀なところがたくさんあります。上場したばかりの頃はどこも売買高も多く株価が高いのですが、投資していくには最適ですから、どういう事業を行なっているかしっかり見ていくといいです。オイシックスも2013年の3月に上場したばかりです。野菜をネット通販する企業ですが、主婦などを会員とし、契約した農家から野菜を届けるというビジネスモデルで大変注目されています。上場以来、定期的に宅配のサービスを受ける会員は一気に増え、単に野菜を配達するだけではなく、食材という形にしたことで人気が出ました。この時期はスマートフォンの利用者が急に増えた時期でもありますが、サイトもうまく改善して成功しました。またこの時期、提携していました最大手宅配便会社が運送費を値上げするというタイミングにもなりましたが、配達センターを増やすことで乗り切りました。2015年の夏には、野菜の価格自体が高騰しました。この際オイシックスは、意図的に不揃い品などの安いものを集めて対応しました。このように、オイシックスは事態に変化があるたびに適切に乗り越えたために、企業としてたいへん評価が高くなっています。最近はますますスマートフォンの普及が進んでいますので、さらに使い勝手が良いようにアプリも改善されました。また、そもそも女性の利用者が多いのですが、さらにニーズに応えるため、例えば今年から妊娠・産後の女性向け食品サービスというのを開始しました。それぞれどういう食品が身体に良いかを研究し、それに合わせたメニューでの献立を用意したわけです。もともと、働く女性向けのサービスは設けていますが、今後はますます細かいニーズに対応していくと思われます。上場してまだ日が浅いオイシックスですが、需要に合わせたビジネスモデルで、株価もまた上昇していくと考えられます。